テーマ:童話

お空のうえでね☆.。.:*・゚

   昨夜,ある方のブログに コメントを残させて頂きました。  私の小学生の頃 中学生の頃 家庭環境  この頃に経験したことを  いつか ブログの方に書いてみようと思っています。  どうゆう風に書いてみようか 朝から ずっとPCとにらめっこしていました^^;  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お空からの招待状 。.:*:・'☆

 母の日が近づくとね 一通の招待状が届くの  差出人は かみさま  背中の羽根を広げて お空に遊びにおいでって  なんで 母の日にお空に招待をされるかというと  お空には mama がいるからなの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の導き .* No.6

 我が家に一泊した お友達二人で,近所に住む mana さんのお家に行きました  私が,お友達に受けさせたかったもの それは,霊気でした  このとき,私はには まだ霊気ヒーリングをする力を持ち合わせてなかったので  (ただいま,霊気の講習中です)  講師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の導き .* No.5

 住み慣れた土地を離れ 知らない土地での生活を望む お友達  神様に連れて来られた彼女は,結局 我が家に一泊することになりました  初めて会ったのに,初めてじゃないような感覚  この日は,近所に住む ソウルメイトの mana さんの長男さんの入学式 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の導き .* No.4

 そっと,自分のことを 見守り続けていてくれた人に気づけたお友達  互いの存在があるから 日々の生活が潤うことが出来る  そんな,二人が 桜が咲くころ逢うことに  二人が一緒の時間を過ごしている頃 わたしは彼女に宛てて書いたものがあります  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の導き.*No.3

 無事に,退院をする事が出来たお友達  少しづつ 以前と変わらぬ生活に戻って行きました  心に出来てしまった隙間も 少しづつ温かな光が当たり始め埋まってきました  温かな光,それは 彼女の事を優しく 見守ってきた人達のお陰と  彼女が素直に 受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の導き.*No.2

 お友達が入院した事を知らせるメールは,偶然のメールだったのです  突然,お母さんが入院する事になってしまい  お母さんのお店を手伝っていた娘さんが,慌ててお客様に宛てたメールだったのです    アドレスが登録されている人 全員に送ったメール  その中に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の導き .*No.1

 神様のエスコートを受け  我が家に連れて来られた お友達のお話をしようと思います  彼女との出会いは そう, ネットの中でした  お互い共通しているのは "2007.07.07 " この日  彼女は人生最悪な日となり 私はと言うと...…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い風船 .*

 海辺で 読書を楽しんでいる女性  その側で 桜貝を拾っている少女  上を見上げれば 空いっぱいに広がる雲 しずかに しずかに 雲が流れる  そんな 穏やかな空の中を 何かが漂っています  それは,だんだん下に降りてきました  ふわり ふわりと 漂っていたのは 赤い風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.23

 なぜ...人と出会い好きになるのに  なぜ...好きになった人との別れがあるのだろう  その繰り返しを何回 繰り返せば良いのだろう  人を好きになり 初めて感じる 寂しさ・哀しさ・辛さ  そんな想いを繰り返すのなら もう人は好きにならない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.22

 お友達が 勇気を出して別れた恋人に送ったメッセージ  相手の方も いろいろ悩まれていたのでしょう  お友達から わたしのところへメッセージが届きました  そこに書かれていたのは  「あれから,関係は修復できたので 本当はうれしくなるはずなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.21

 お友達が別れた恋人にメールを出し お返事を頂くまで  いろんなことに 気づくことが出来たみたいでした  「最近,自分を振り返ることが多くなりました。」  「こうもいろいろと問題が起こるとき,悪いのは相手とか」  「運が悪いというよりも,自分に原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.20

 楽しかった頃の 想いで  ときとして 想いでばかりにすがってしまいたくなる  そんなとき ありますよね お友達も そんなひとりでした  告白をすることによって その頃の楽しかった想いでまでも壊しかねない  ならば いっそのこと告白をするのを止めてしまおうか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.19

 Valentine から少し経った頃 お友達からメッセージが届きました    「小さな花を贈りました。」  「いっしょにいれないので,わたしの代わりに近くにおいて欲しいので。 」  「会社においておくといってもらいました。」  きっと お花にお水を与え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.18

 もう一度 自分の気持ちを打ち明けようと 決心をされたけれど  心の奥底では 葛藤を繰り返していたのだろうと思います  「poohさんには,こちらからの一方的なお話をいつも聞かせるばかりですまなく思っています。」  「つまらなかったらおっしゃってください。」  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.17

 いろいろと考えました。  そして 別れてからふたりともこんな風に変になってしまったのは  そうすべきではなかったと思っています。  まだ決心はついていませんが,もう1度付き合ってと伝えるつもりです。  みっともないけれど,今度はちゃんと将来どうしたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.16

 お友達に聞いた事があります 「あなたは,どうしたいの?」  なぜかと言うと 別れた恋人とやり直したい様に わたしは思えましたので  自分でもよくわからなくなっています。  たぶんお気づきだから,こうした質問をされるのでしょう。  付き合っていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.15

 新しい年を迎えた終わりごろに ぽつり ぽつり  愛した人のお話が お友達の口から出始めました  別れを言い出したのは 自分の方からですが  別れても力になってあげたい  付き合うつもりがないのにこんな風にすることは  poohさんは間違っていると思いますか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.14

 海辺での出会いから 一ヶ月くらい過ぎたあたりから  少しづつ 愛した人のお話が出始めました  「信頼していた人に裏切られてしまいました。悪くはいいたくはないのですが。大切な人でしたから。」    そのお話しを聞いてからも わたしは,そのお話しには触れることはし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.13

   「偶然」  お友達と同じ時間に メッセージを送ったことがありました  そのときの事を お友達は  「偶然、同じ時間に送ってました。 」  「これまでにめったにない経験ですが,何か運命的なものを感じました。 」  「おおげさかもしれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.12

 わたしは頭で考えるのと違って  どちらかと言うと   頭に閃いたものを心で考えてから 言葉を繋いで文章にする  上手に説明が出来ないのですが そんな感じなのです  ですが,ずっとこうだった訳ではありません  なので,お友達が頭の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.11

 「いま,自分の中には2種類の自分がいると思う。」  「自暴自棄になってすぐにでも放り出したい自分と,それを制止して我慢して冷静でいなくてはと思う自分です。」  「そして,支えてもらえる人がそばにいたらどんなに救われることでしょう」  支えて欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.10

 お話しを聞きながら わたしが感じていたことは  お友達が抱えているものが 二つあるということです  ひとつは お仕事のこと  もう ひとつは恋愛について  最初の頃に なにげなく言った お友達の言葉から わたしは感じ取ることが出来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.9

 お友達から メッセージを頂き お話しをしていくうちに お互いの共通点に出会いました  それは わたしにとって とても嬉しいことで 早くそのことを話したいと思っていたのですが  そのことを 話すのは まだまだ 先のことになりそうだと わたしは感じていたのです  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.8

   不思議な出会いは ここに書かせて頂いている お友達だけではないのですが  もちろん なにもかもを不思議に結び付けている訳ではありません  けれど 不思議だとしか言葉が見つからないことも あるのは事実だと思うのです  「ありがとう。うまくいえないけど,あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.7

 昨年の11月に頂いたメッセージ  その中には 桜のお話しが書かれていました  読み直しをさせて頂きながら  改めて お友達から頂いたメッセージの不思議さを感じてしまいました  昔,名古屋から富山に行く定期バスがありました。  その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.6

 お友達から頂くメッセージ  それを 私は読ませて頂きながら いろいろ考える  わたしに 話しだけを聞いてほしいのか わたしからの返事を待っているのか  返事を待っているとしても  その返事をすぐに送ったほうがいいのか 少し間を空けた方がいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.5

 「不思議な人ですね」   ここに書かせて頂いている お友達からも言われたんですが  わたし自身 よくわからないんですよね(苦笑)  普通の人ですよ? そう お返事をすると   「いつか普通でないところを教えましょう 」 そう 言われたまま その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.4

 「poohさんは,不幸を感じたことがないって言ったけれど 本当?」      はい,本当です  「不幸を 感じたことは ないですね」 そう お返事を返しました  人それぞれ 多かれ少なかれ 捉え方の違いってありますよね  わたしにも 辛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺での .* 出会い No.3

 あるときは こんなお話しもしました  みんな それぞれが持っているバイオリズム  自分の持っているバイオリズムが 時としてリズムを崩す そんな時ありますよね?  リズムが崩れたときに 修正しなおす手助けも いろいろあると思いますが  私が お友達に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more